LOGO


グループホーム運営推進会議


"運営推進会議とは"

平成18年4月より認知症共同生活介護事業所(グループホーム)は地域密着型サービスと位置付けられ下記のように規定されております。
「事業者は指定認知症共同生活介護の提供に当たっては、利用者、利用者の家族、事業所の所在する市町村の職員、地域住民の代表等により構成される協議会(運営推進会議)を設置し、おおむね2ヵ月に1回以上、運営推進会議に対し、活動状況を報告し、運営推進会議による評価を受けるとともに運営推進会議からの必要な要望、助言等を聞く機会を設けなければならない。」

=出席者 ・昭和地区地域包括支援センター・家族代表=

第62回運営推進会議

平成29年7月19日

運営理念

 私たちは、愛情と笑顔を絶やさず、皆様と共に尊敬し合える、健康でゆとりのある豊かな暮らしを目指します。

主な行事等

5月10日 書道クラブに参加
    特養での書道教室に参加されました。

5月11日 2名 認定調査が行われました。

5月13日 つつじを観に焼山公園にドライブへいきました。綺麗に咲き誇り皆様喜ばれました。       

5月17日 第61回運営推進会議を開催

5月18日 K様が入居されました。新しい仲間が増えました。

5月19日 慰問(オカリナ演奏)に参加しました。
    
6月6日 ボランティア「ようきクラブ」の皆様が来られました。

6月7日 書道クラブに参加。特養での書道教室に参加しました。
   
6月12日 T様によるお説教がありました。皆さん神妙な面持ちで法話を聞かれました。 
     
6月19日 天応あじさいロード・ポートピアパークへドライブへ出かけました。お天気も良く紫陽花も満開に咲き海もとても綺麗でした。

6月20日 実習研修生14名来られる。入居者様と一緒に健康体操に参加されました。

6月22日 エレベーターの定期点検が行われました。

6月29日 皆様のカーテンがきれいになりました。     
     
 

入居者の状況                                                      新しく入居されたK様もここでの生活に慣れてこられ、皆様と楽しく過ごされています。梅雨になりましたが天気の良い日には荘内を散歩したり、毎年恒例の紫陽花ロードへドライブに出かけ、湿気・蒸し暑さへの気分転換に努めています。室温などに気をつけ、適度な体操・散歩を継続し体力の低下を予防していき、暑い夏に向け準備しています。                               


今回のテーマは7/7法人研修にて実施された「認知症の研修」についてでした。
MEMO.cgi v2.02 by Chama-Net
特別養護老人ホーム|介護のことなら後楽荘|天寿会