LOGO


グループホーム運営推進会議


"運営推進会議とは"

平成18年4月より認知症共同生活介護事業所(グループホーム)は地域密着型サービスと位置付けられ下記のように規定されております。
「事業者は指定認知症共同生活介護の提供に当たっては、利用者、利用者の家族、事業所の所在する市町村の職員、地域住民の代表等により構成される協議会(運営推進会議)を設置し、おおむね2ヵ月に1回以上、運営推進会議に対し、活動状況を報告し、運営推進会議による評価を受けるとともに運営推進会議からの必要な要望、助言等を聞く機会を設けなければならない。」

=出席者 ・昭和地区地域包括支援センター・家族代表=

第65回運営推進会議

平成30年5月9日

運営理念

 私たちは、愛情と笑顔を絶やさず、皆様と共に尊敬し合える、健康でゆとりのある豊かな暮らしを目指します。

主な行事等



3月 1日 西区ひなまつり

3月 2日 ようきクラブ来荘     

3月 8日 S様 96歳の誕生日

3月19日 H様 退荘

3月23日 消防訓練

3月25日 O様 入荘

     3月11・18日 田口歯科往診
     3月13・27日 脇田DR往診

  
4月 2日 開荘記念式典
     グループホーム お花見
     
4月 4日 K様 特養へ入荘

4月 8日 K様 家族様と外出

4月12日 後楽荘 お花見

4月15日 M様 91歳の誕生日
    
4月18日 書道教室参加

4月25日 K様 入荘 

4月25日 Y様 家族様と外出 
     
     4月10・24日 田口歯科往診
     4月16・18日 脇田DR往診
 

入居者の状況                                 
 寒暖の差があり、乾燥した日が続きますが、皆様元気に過ごされてます。
  施設内では運動・温度・湿度・食事・水分を工夫しながら支援を継続させて頂いています。
  暖かくなったので野菜ジュース・フルーツジュースと変化をつけ提供をしています。                             


今回のテーマは

  ・身体拘束廃止に向けての取り組み
   グループホームでの身体的拘束は無いが、天寿会での委員にて会議を定期的に開催。
   委員会の開催回数、委員会メンバーの説明。
  
   緊急やむ得ない場合
   切 迫 性…利用者の生命又は身体が危険にさらされる可能が著しく高い場合。
   非代替性…他に代替する介護方法がない場合。
   一 時 性…行動制限が一時的ものである場合。
   
   家族様にはやも得ない場合は説明し同意書にサインを頂く。
   期間を決め解除に向けた取り組み・委員会で検討していく。
   職員の研修を年2回開催。新人研修もその都度行う。
   研修では身体拘束にあたるものとは何かを説明する。

  ・食中毒 
   これからの季節に気をつけること
   食中毒予防の6つのポイント・食中毒の種類
   この資料を自治会の回覧板で住民の方にアピールして下さることになりました。 
 
MEMO.cgi v2.02 by Chama-Net
特別養護老人ホーム|介護のことなら後楽荘|天寿会